プロフィール

たまご

Author:たまご
このブログは、チャネラー<遙すばる>を通して語られるマリアさんのメッセージを中心に紹介しています。

ワークショップのご案内

                              

メンバーのブログ紹介1

「ことりの癒やしの空間」                         マ・アールマリアの会のセーラームーン、可愛い「ことり」のブログです 下のリンクメニューから訪問してください。  

メンバーのブログ紹介2

「祓戸四神のシャレにならない珍道中。。。」 --ついに登場。ひょんなことから集まった、4人のしゃべくり大好き女子(祓戸四神)、プラスどっしり型チャネラーの、活動記録です。 下のリンクメニューから訪問してください。

メンバーのブログ紹介3

「へそ曲がりチャネラー・奮闘記」 マ・アールマリアの会のスーパー女子、底知れぬパワーを秘めた「こころ」のつぶやき&セッション奮闘記。 下のリンクメニューから訪問してください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア ; 不安と恐怖

「不安と恐怖」

不安も恐怖も
自分の心がつくるもの

夢が実現できないのではないか
という不安
起きてもいない悪いことを
想像してとらわれている心が
不安と恐怖を
つくっているのです

不安や恐怖をなくすには

不安や恐怖を作っている
自分の心に気づくことです
そしてその心を開放し
自由にしていくことで
だんだんに不安や恐怖は
うすれていくでしょう


プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」(遥すばる著)より
スポンサーサイト

マリア ; 幸福

「幸福」その2 

真の幸福を感じるには
人の目 人の口を気にせず

自分を受け入れ
自分を信じきって
愛しつづけることです

幸福とは、心が自由であること

自由な心は
悲しみも 苦しみも 怒りも
すべてを受け入れ
解放できます

幸福とは
めざすものをはっきりもつこと

たとえば将来の
夢 希望を実現するために
今 何をするかを
はっきりさせることです

プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」(遥すばる著)より

マリア ; 幸福

「幸福」その1

幸福は

人それぞれ

他人にはどう見えても

自分が幸せと思えれば

それが幸福です


顔がひとりひとり違うように

幸せのかたちも

それぞれ違うのです


けれども

真の幸福は


自分を信じ

自分を受け入れ

自分を愛すると同じように自分を取り巻くすべてのものを

受け入れ 愛することにより

真の幸福が感じられます


「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」(遥すばる著)より

マリア ; 愛(その2)

「愛」その2
その愛を感じるには
自分自身を受け入れること

自分のきらいなところ
みにくい自分
失敗だらけの自分
やさしすぎる自分

自分のすきなところ
やさしい自分
一生懸命な自分
前向きな自分

すべてを含んだ自分自身を
受け入れましょう

愛とは
許すことからはじまる
自分を許せる人は
他人も許し 受け入れられます
それこそが愛です
大いなる宇宙の愛です


「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」(遥すばる著)より

マリア ; 愛(その1)

(たまご)
これからしばらくは、一人一人が、本来の自分に目覚め、その人生を豊かに幸せに生きぬいていって欲しいというマリアの願いからつくられた「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」(遥すばる著)の中から再投稿していきます。愛の実践書として人生に活かしていただければ幸いです。



「愛」その1

人はみな
愛と幸福を経験するために
生まれてきました

人はみな 自分の両親を選び
その両親のもとで
いろいろな愛のかたち
幸福のかたちを感じ
経験していきます

愛とは 大いなる創造の愛
宇宙の真理 

創造の愛は無限です
さんさんと輝く太陽の光のように
ふりそそぐ雨のように惜しみなく
宇宙のすべての存在のために
与え続けられています

その愛を感じるには
まず 自分を知ること

自分を知るとは
今 自分が何を考え
何を感じ 何を求めているかを
はっきりさせることです

たまご ; 私の治療目的(その2)

結局、私の治療は身体がどうだとか見ていない。しかし、こんな治療でも症状は取れていく。

マリアが「ほとんどの病気はあなた方の思いから起きている」と言っていたが、まさにそのようである。

治療は、これで100%というわけではないだろう。

ただ言えることは、私たちが愛そのものになれば全ての苦しみは消えて無くなるだろうということである。

それでは愛そのものになるにはどうしたらいい?

マリアがこれまで何度も教えてくれている。

気づいただろうか? 

このブログはマリアが伝える愛の実践書であるということを。

そして人類がアセンションを遂げるには一人一人が愛の存在にならなければいけないということを。



(マリア)
本来、地球人は、この地球の大いなる愛である自然を敬い、環境を壊さず、お互いを助け合い、愛し合い、許し合い、尊敬し合い、地球の環境と共に共存共栄していくことが1番の目的であり目標であり学ぶことなんです。
宇宙において在るのは愛だけです。

あなた方一人一人は、愛を顕現し、神を顕現出来る存在なのです。
ですから、神を外に向かって求めても、神を感じることはできないの。
神を本当にそして宇宙を本当に感じたければ、自分の中に在る本来の神そのものの神聖なる魂の自分を感じることこそ、宇宙そのものを感じることができ、神そのものを感じることが出来るのです。

あなた方はいろんな過去世を経験しています。
だから輪廻を繰り返しているとすれば、いつもほとんど同じような失敗を繰り返しているということ。
学びきれずに同じ事を何度も何度もやってしまっている。
じゃー、どこで輪廻から脱出出来るの?
それは、今ここでしかない。
今あなたがたが生きている今世でしかないのです。

たまご ; 私の治療目的

(私の治療目的)
1 心が自由になること
2 心が歩みだすこと
3 宇宙、地球、自然とつながること
4 光が入り込んでいくこと。そしてそのエネルギーとつながること
5 逆に、光が身体から影響を受けないこと(身体に不調があり、光のエネルギーを必要とし吸収しているとすれば、  その部分の光はエネルギーの低下を来たすはずである。)
6 愛のエネルギー(光・神)そのものになること
7 おまかせします
  私の分かる範囲には限界がある。だから「私の分からないところは?」と尋ねる。
  あるいは「おまかせします」と委ねる。

(最近の治療の試み)
○「大丈夫ですか?」と尋ね、各部位に「大丈夫です」と宣言させる。宣言できないところを治療する。
○各オーラ層別に見ていく。
○刻まれた記憶、時間的広がり→「始まり」を探す。
○タオルをイメージし、きれいに異常を拭い去っていく。次に光のタオルをイメージし拭い去っていく。
○愛のエネルギーを全身全霊をかけて注ぎ込む。治療の目安は、各部位がその愛の光を放ちだすまで。中だけ見ていてはダメ。異常が無くなったように見えるが、そこは光を放っていない時がある。エネルギーが蓄えられても活動していなければダメ。活き活きと生きなければダメ。
○実数があれば虚数があるように、人という宇宙は単一なものではない。すべてを含んだ 人というものをとらえるには光の世界と影の世界の両面から見る必要がある。
○経絡は人という生命のエネルギーシステムであり、チャクラから入ってきたエネルギーの伝搬路である。したがってこのシステムを修復する必要がある。

つづきはこの次に

たまご ; ありがとうございます(その2)

活き活きと生きる

人生の目的(愛)を達成するエネルギーで、生き方で人生は左右される。
夢や希望や目標を持つこと、自分を信じること、勇気を持って行動するということがこのエネルギーの源となる。

このエネルギーを治療にどのように取り入れるかというと、私は、奥底に手を差し込んだ状態で、各部位を対象に「活き活きと生きるために」「歩みだすために」と叫んでみる。
そうするとそのための治療点が現れる。
「活き活きと生きるために」「歩みだすために」という言葉が通り抜け、解き放たれた感覚になるまでそこを治療している。

愛の光に包まれる

光は闇を照らす。
光とは愛。
愛とは宇宙を埋め尽くすエネルギー、宇宙の真理。
愛は言葉で表せない。
だから、私たちは愛を学び続ける。
それは私たちが今ここに存在している理由である。
人生の目的とは愛を学ぶこと。
人は環境に左右される。
だから、強固なエネルギーを持つことが必要になってくる。
私は愛(光)そのものとなって光を放ち始める。
奥底に手を差し込んだままの状態で、各部位を対象に見ていく。そこから光が通り抜け、解き放たれるまで光で満たしてあげる

たまご ; ありがとうございます(その1)

私の職業は鍼灸師。

先日、患者さんにお灸していると、「ありがとうございます」という言葉が入ってきた。

もちろん患者さんは何も話していない。

ん?と思ったけれど、かまわず次の部位に移り、お灸を始めた。

幾つかすえた時、そこの異常は取れた。

と思ったが、今度は「ありがとうございます」が聞こえてこない。

誰に聞いているのか分からないが、「もういいですか」と尋ねると「まだまだ」と言う。

お灸を追加してすえてみた。

まもなく「ありがとうございます」がやってきた。

つまり私の診断力のさらに上に「ありがとうございます」があるということになる。

どこか奥底から湧き上って来たこの「ありがとうございます」は、人生の目的(愛)に触れた瞬間に起きるものだろう。

それは魂の喜びに他ならない。

すべてを許しすべてを受け入れることが出来た時に、その人の奥底は「ありがとうございます」と言うだろう。

それは宇宙の愛の実践といえる。

湧き上る感謝のエネルギーは愛のエネルギーそのものであり、人が自分らしく生きていく上で必要である。

さて、このエネルギーを治療にどのように取り入れるかというと、私は、奥底に手を差し込んだ状態で、各部位を対象に「ありがとうございます」と叫んでみる。

そうすると叫べない部分がある。

「ありがとうございます」という言葉が通り抜け、解き放たれた感覚になるまでそこを治療している。

そして最後に全体としてあるいは空間的認識ではなくその人として対象を見ている。

「これでいいですか?」と。


つづきはこの次に

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。