プロフィール

たまご

Author:たまご
このブログは、チャネラー<遙すばる>を通して語られるマリアさんのメッセージを中心に紹介しています。

ワークショップのご案内

                              

メンバーのブログ紹介1

「ことりの癒やしの空間」                         マ・アールマリアの会のセーラームーン、可愛い「ことり」のブログです 下のリンクメニューから訪問してください。  

メンバーのブログ紹介2

「祓戸四神のシャレにならない珍道中。。。」 --ついに登場。ひょんなことから集まった、4人のしゃべくり大好き女子(祓戸四神)、プラスどっしり型チャネラーの、活動記録です。 下のリンクメニューから訪問してください。

メンバーのブログ紹介3

「へそ曲がりチャネラー・奮闘記」 マ・アールマリアの会のスーパー女子、底知れぬパワーを秘めた「こころ」のつぶやき&セッション奮闘記。 下のリンクメニューから訪問してください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアさん ; 寿命 、 夫婦

人の寿命というものは決まっているのでしょうか?

寿命はそのものが決めるわね。決まっているといえば、この時期にこうしてというのを持ってきている。それは自分が決めた寿命。でもその寿命もいくつもの人生の道で違う。途中で選びなおすことも出来る。まだ学びたいと願えば、伸ばすことも出来る。でも、基本的にはだいたい自分が決めてきてますね。

夫婦って一体何なのでしょうか?

何回も魂の生まれ変わりでは夫婦であったり、親子であったり、兄弟であったりとした魂同士。ソウルメイトの一員であることは確かですし、夫婦になるということは非常に絆、繋がりが強い相手であるということも 言えます。切磋琢磨するには一番良い相手と思ってください。魂を磨くためにも夫婦でいっしょにいる方は、一番お互いを磨き上げるパートナーとしてはとても良い相手と言えると思います。もちろん、家族もそうです。でも、子供たちは巣立っていくでしょう。育てる間にいろんなことを学びますが、また、子供たちが親になってパートナーを見つけ、家庭をつくれば、また、彼らは彼らのパートナーとのそして家族との絆そして学びが始まる。それはずっと繰り返されることですね。
スポンサーサイト

マリアさん ; アセンション

アセンションとは、サナギが蝶になるように肉体を脱ぎ捨てて羽化するのがアセンションと言う人がいます。突き詰めていくとアセンションというのは、現世の肉体を離れること、つまり死だという事を言っている人が非常に多い。それを楽しみにしている人もいます。現世から考えると少し受け入れがたいような話ですが?

今はまだ学んでいる最中ですよね。学ぶことはもちろんずーっと続くけれど、アセンションというのは、学んで本当の愛というものを本当に理解して受け入れることが出来た時に実現します。だから、共存共栄、さっき言ったようにあなたの考えも私の考えも違ってもそれはそれで、お互いに尊敬し合うこと、そして受け入れて、そしてこの考えもあの考えもあるそういったこと。だから地球が今の状態じゃなくなること。まず争いがなくなること。確かに本当に次元上昇していった時には、私たちのように肉体を持たない存在になることもできます。でもそれはけっして死とは違う。地球の人たちは肉体を脱ぎ捨てていくということそれは死を意味とするという。それではない。本当のアセンションは、まず第1段階は、肉体を持ったまま次元をあげていくこと。それは思いをすっかり変えれることということなのです。怒りも妬みも恨みも無くして、本当に自分の子供を愛おしむように孫を愛おしむように、お互いの愛する人をとても愛し恋するように、みんなを愛おしく思ってみんないっしょに仲良くという本来の宇宙の愛を理解した時、肉体を持ったまま、それがまず第1段階の次元上昇といえるでしょう。もちろん地球全体じゃなく、自分で自分1人が次元上昇していく人もいるのね。地球全体となると、地球人類がすべて殺し合いをやめてどこに行ってもそれがもう無い、例えば、今はもう無くなっている伝染病とかあるじゃないですか。昔あったけどワクチンとかそういうので今は無い、例えたらそういう感じ。そういう憎しみ、妬み、恨みとかいう伝染病がなくなる、その時こそが肉体を持っての第1段階の次元上昇なの。でもそれが今はまだまだですね。でもかなりそれに目覚めてきて、それをやっていかなくてはいけないと思って求めている人が増えてきたのも確かです。けっして死んで肉体を持たない存在になるということが次元上昇ではありません。 今の地球においては特に。



マリアさんの紹介

マリアの愛のエネルギーは地球を包んでも余りあるほどの大きな愛のエネルギーです。すべての人が愛そのものの存在であり、自分で自分を癒せることに気づいて欲しいと願っています。
マリアは、ヒーリングによって地球のすべての人びと一人一人が大いなる愛の存在であり、その愛を顕現できる存在であることを知って欲しいと願っています。

マリアさん ; 老い

人はやがて歳をとります。だんだん考える力もなくなり、体も衰えてきます。そういう時期はどうして必要なのでしょうか?何故あるのでしょうか?


簡単に例えたら、あなた方は物を大事にしたり、服を大事に着たりするよね。私たちの肉体というのは服と考えてください。流行があったり、古くなったり、破れてきたりするわね。最初に着た時は新品で修理が要るようなことはない。新しいものはとても丈夫で綺麗だけれど、それを着ていくうちにだんだん古くなっていく。ほつれたり破れたり、昔の人はまた布を当てて縫ったり、そうして補修したりして着ていた。でもどうしてももう古いから捨てなくっちゃとなるよね。捨て去るためにはそうなるしかないの。だから老いというのはこの人生の区切り、肉体を捨てる時までの。それを全うできる人もいれば、途中で事故で死ぬ人もいるけど、すべては寿命なのね。寿命というのは自分が選んでるのね。決めてきてる部分が多い。例えば事故で死んだり、いろんなことで身内を亡くすことは、とても悲しいわね。とても苦しいわね。もっと生きて欲しかったと思うわね。例えば自分の母親が年老いて、あんなにしっかりしていたお母さんなのに、ぼけてきた。食べることもこぼさないで食べれなくなってきたとか。でもそれが老い。 その老いた自分をも受け入れていく。今まで長い間この肉体は十分に私という魂を包んでくれた入れ物だったから、それを捨て去るには、そうならなきゃ捨てられないじゃない。周りの人は悲しいわね、そうなると。でもそれは周りの人たちはそういった人生を送っていった人を見守ることの学びなの。また、肉体を捨てていく自分もそうなっていくということを受け容れていく。次の人生のステップのためには古いものは捨て去るしかないの。あまりにも変わらないでいると捨てることに躊躇しません?周りの人はそういった部分を見てまた学ぶことなのね。そうなっていかざるを得ない。それは悲しいことなのか、でも、その時まで魂を容れて、思うようにこの肉体を使っていけた。でもだんだん古くなっていく。形あるものは壊れていく。当然肉体もそうなんです。魂はしっかりしていますが、脳も古くなっていくからどうしても老いという形で認知症という形で出てきたり、いろんな病になったりするわけね。それはだから肉体を捨て去るためには老いるということが必要だということです。

マ・アールマリアの会 ; 癒し 癒されるとは

遙すばる著:「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」より

癒されるとは
癒されるためには、自分の中の怒りや苦しみや悲しみさえも否定せずに受け入れていくことから始まります。

心の中の怒りや苦しみを癒すには、
怒りや 苦しみ 悲しみを否定せずにその感情にどっぷりつかることです。すると自然に大声で泣きたくなることでしょう。そうしたら大きな声で泣けばいいのです。涙はそれを洗い流して癒してくれるでしょう。

体の痛みを癒すには
体の痛みは実は自分の心が作るものがほとんどです。心の中に不安、恐怖、怒り、悲しみをいつも抱えているからなのです。
不安や恐怖を受け入れて開放していけば、体の痛みも少しずつ癒されていくことでしょう。

たまご ; 進むべき道

昨日のブログの中で、マリアさんは「これから地球はもっともっと地球自身が起こすアセンションにより、あなた方もアセンションせざるを得ない事態に巻き込まれていくでしょう。」と言っています。

岡本天明氏の日月神示にはこう書かれています。
「立替と申すのは、神界、幽界、顕界にある今までの事をきれいに塵一つ残らぬように洗濯することざぞ。今度と云う今度は何処までもきれいさっぱりと立替するのざぞ。建直と申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ」
「今度は世界中、神様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯だから、そんなチョロコイ事ではないのざぞ」

優れた霊能者、出口 王仁三郎氏は次のように書いています。
「従来は大祓の祝詞が世に存在してもその意義すら分からず、したがってその実行がすこしも出来ていなかった。その大実行着手が国祖国常立尊のご出動である。」

国常立尊(くにとこたちのみこと)は次のように言っています。
「ますますにいろいろと変化は起きておる。それはそなた達の世界だけではなく、我等のいる世界もかなりの展開である。」

私たちはこの地球に育まれて生きています。同じように神々たちもこの地球に生きる住人です。ただ住む次元が違うだけです。
人間でさえ肉体と心を持っているのですから、地球もその両方を兼ね備えた生命であると考えるのが自然でしょう。その地球が今、本来の自分に戻るために、アセンションしようとしています。人類も、そして神々さえも大きな影響を受けるでしょう。ですから地球と共に生きる私たちもアセンションの道を歩む必要があります。神々も同様です。そして、神々と彼等のエネルギー的子孫である人類は共にアセンションする必要があるようです。それぞれ単独では事を為しえないでしょう。そのことをよく理解している神々たちはとても急いでいます。一方、知識や規則等による常識という枠にとらわれて生きる私たちは、純粋さを失くし、全てを忘れてしまって、そのことに気づくことができません。

さて、遺伝子の本体は核酸の一種デオキシリボ核酸(DNA)です。染色体上に一定の順序で線状に配列しています。DNA鎖をつくるアデニンやチミン等の塩基の配列順序は遺伝暗号として働き、遺伝情報を決定します。現在では遺伝子がその生物もしくは病原のほとんどの遺伝情報を担っていると考えられています。しかし、ほんの一部しか解読されていないのが現状です。これは肉体に関連することにしか目が向いていないからかもしれません。いまだ解読されていない大部分の領域には肉体や時間を超えた情報や能力が詰まっているかも知れません。神々の時代から引き継いだ全ての情報や能力が刻み込まれているかも知れません。そこには宇宙の愛の情報も詰まっているでしょう。つまり、私たちは全てを持ち合わせているのかもしれないのです。マリアさんは「内の中、あなたたちの体の中、魂の中にはその経験がしっかりと息づいています。今でも。ただ、それを感じることができない状態、忘れてしまった状態にあるのが今の皆様のほとんどの方たちだと思います。」と言っています。

いずれ目に見える形でアセンションはやって来るでしょう。その時のためにも、一日も早く、一人一人が本来の自分に目覚め、すべてを受け入れ、すべてを愛し、自由な心で人生を豊かに幸せに生きることが大切です。それが人類の進むべき道です。

マリアさん;贈る言葉

 (ヒーリングワークショップより)

どうも初めましての方が多いわね。だから初めましてでいいかしら。
初めまして。
ようこそマール・マリアヒーリングワークショップにおいでいただきまして有り難うございます。私はプレアデスのヒラー・マリアと申します。
どうぞよろしく。
さて、今日のワークショップは今からだけれど、その前に私の皆様に贈る言葉。
今日、経験することは皆様すべての方たちがいつでも経験できることです。それは皆様が要求する気持ちがあれば、欲する気持ちがあればいつでも経験できます。そしてそのヒーリングということは皆様の内に以前経験したことです。内の中、あなたたちの体の中、魂の中にはその経験がしっかりと息づいています。今でも。ただ、それを感じることができない状態、忘れてしまった状態にあるのが今の皆様のほとんどの方たちだと思います。これから地球はもっともっと地球自身が起こすアセンションにより、あなた方もアセンションせざるを得ない事態に巻き込まれていくでしょう。
 こんなこと言うのは初めてですね。なぜなら、本当に近くなったということです。でも、本来のアセンションというのは、皆様たち人類が、それぞれが、自分というものは一体何者なのか、なぜこの地球にいるのか、生まれてきたのか、そしていろんな経験をしていくのか、それは本当に自分が選んだことなのか、それをしっかりと自分自身で自分の中の答えと一致させていかなくてはアセンションに参加することが難しくなってきます。だから本当に今日のワークショップに参加できた方はその始めの切符を手に入れたのかなぁとファジーに言っておきましょう。でもそれはとても新鮮な感覚だと思います。でも、もともと経験した感覚でもあるのです。それを思い起こす作業こそがヒーリングであり、自分たちの知らない内に秘めた能力をまた引き出し、感じ、それをいろいろと切磋琢磨し、自在に使えるようにならなくてはいけません。それこそが宇宙の一員となれるのです。そして、地球のアセンションに参加できるのです。あなた方が今日、経験したことをもっと深く学びたいと願うならば、それはきっと可能でしょう。是非そうしていただきたい。そして地球がスムーズに、人類がスムーズにアセンションするための一員となってお手伝いしていただければ私たちプレアデスの者たちも、そして地球のために今集まってきているすべての惑星の者たちもとても喜びと感じることでしょう。今日は非常にこの前の時よりも真摯な面持ちで私も真面目に喋ってます。本当に近づきました。皆様どうぞこのワークショップで少しでも自分の感覚を取り戻していただき、できればもっと素晴らしく磨いていって欲しいと願います。
というのを私のご挨拶に代えさせていただきます。どうもありがとう。

マ・アールマリアの会;  未来を目指して,  許す

遙すばる著「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」より

未来を目指して

自分が目指した自分の幸福な姿を心の中に持ち続けることです。
それは簡単そうで本当はとれも難しいことです。それでも未来の自分の幸福な姿をイメージし続けることなのです。
そのために今、自分は何をするか
だから自分と話すことで、今、自分が何をするかが見えてきます。


許す

許すとは
まず自分を受け入れることです。
自分のすべてを受け入れることです。
自分に起きた悲しいことも困ったことも否定しないで受け入れることです。
自分を傷つけた人も愛することなのです。
許すとは愛すること
愛することと許すことは同じことです。
それこそが大いなる創造の愛なのです。
宇宙の愛なのです。

マ・アールマリアの会; 不安と恐怖   自分と話す

不安と恐怖

不安も恐怖も自分がつくるもの
夢が実現できなのではないかという不安
起きてもいないことを想像してとらわれている心が不安と恐怖を作っているのです。
不安や恐怖をなくすには
不安や恐怖をつくっている自分の心に気づくことです。そしてその心を開放し自由にしていくことで、だんだんに不安や恐怖はうすれていくでしょう。

自分と話す

自分と話すとは
自分に質問し、自分で答えることです。例えば
「あなたは幸せですか?」
「私は幸せです」
「どんなふうに幸せ?」
「・・・・こんなふうに」
というように質問し答えていきます。
自分と話をすると
自分がいつも心に思っていることがはっきりしてきます。
例えばそれは悩み、苦しみ、悲しみにとらわれている自分かもしれません。
夢と希望に向かってわくわくしている自分かもしれません。


たまご; 道

私達はそれぞれ家族を愛しています。大切な家族を守るということを優先して生きています。しかし動物も自分の家族を守ろうとします。時には家族や仲間を救うために、自分の命を懸けて、とてもかなわない相手と戦います。家族や群れという社会もあります。その中でそれぞれの役割を持っています。人間も動物もちっとも変りはありません。
 ただ、動物たちは愛という点において純粋です。人間は愛に対し臆病であったり、素直になれなかったりします。あるいは打算的であったりします。また、勇気という点においても彼らは純粋です。もちろん生きるための本能として恐れも持ち合わせていますが、恐れても勇気はそれに負けることはありません。しっぽを巻いて逃げるのは勇気を出す必要がない時だけです。
 私たちは全てを与えられているはずですが、どうでしょう。彼らのように純粋な心で生きているでしょうか?人の持つ理性と知性は正しい方向に使われているのでしょうか?科学が進んで、あるいは道徳観が変わって、みんなが幸福になったでしょうか?昔は子供達を近所の親達が見守り、家族同様に接していました。老いも若きも子供達もみんなで楽しみ、みんなで笑い、喜びを分かち合い、そしてお互いを助け合う社会がありました。私達の理性と知性は幸福ということに関しては道を間違えているような気がします。私たち親は、自分の子供幸せになって欲しいと願いますが、自分の子供幸せになって欲しいと分け隔てなく願えるようになると、再び共存共栄する社会に戻れるかもしれませんね。
 一番大切なことは、与えられた理性と知性を人類の幸福という本来の目的のために使うことです。そして理性と知性を動かすべきはあなたの愛だということです。全ての目的の行き着くところは愛です。そして私たちの持つ最大の力は愛です。
 これから、いろんなことが起きるでしょう。個人としての枠に納まらず人類としての大きな問題に直面するかもしれません。一人一人の愛で希望の明かりを灯し、人類の今と未来を明るく照らした時、初めて進むべき道がはっきり見えてくるでしょう。
 宇宙から見ると私たちはバラバラではありません。みんな繋がっています。みんなで一つです。だからこそみんなで心を合わせ幸福な社会を作り上げることを目指しましょう。そしてその誓いを宇宙に宣言しましょう。全ては私達みんなの思いひとつです。一人一人が全ての人を愛することが出来るようになった時、地球は変わります。

マ・アールマリアの会; 幸福

遙すばる著「プレアデスのヒーラー・マリアによるヒーリングへの誘い」より

幸福は人それぞれ
他人にはどう見えても自分が幸せと思えればそれが幸福です。顔がひとりひとり違うように幸せのかたちもそれぞれ違うのです。

けれども真の幸福は
自分を信じ、自分を受け入れ、自分を愛すると同じように自分を取り巻くすべてのものを受け入れ、愛することにより、真の幸福が感じられます。

真の幸福を感じるには
人の目、人の口を気にせず、自分を受け入れ、自分を信じ切って、愛し続けることです。

幸福とは、心が自由であること
自由な心は、悲しみも、苦しみも、怒りもすべて受け入れ、解放できます。

幸福とは、目指すものをはっきり持つこと
たとえば将来の夢、希望を実現するために、今、何をするかをはっきりさせることです。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。